新着情報
学校別2023年度入試情報シリーズ⑦ 『駒込中学校』
2022. 10. 25/入谷教室の新着情報 / 日暮里教室の新着情報 /

自由塾代表の中島です。 

学校別の来年度入試の情報をお届けするシリーズ。今回は駒込中学校、高等学校です。



 自由塾にとっても、長年に渡り、親しくしていただいている学校のひとつす。これまでも多くの塾生たちがお世話になってきました。

 昨年に続き、副校長の本田靖先生にお伺いしました。

 今回も大変詳細に情報をいただきましたので、中学校と高等学校2回に分けてお届け致します。


↑本田靖副校長先生


質問1.  次年度入試の変更点を教えてください。

2/2【午後】入試に、「国語1科入試」を新設いたしました。この回の入試は「算数1科入試」も実施しており、受験生が算数か国語を選択できるようにいたしました。また合格者は「授業料を3か年、または1か年免除」という特待がつくため、算数も国語も通常の入試よりも内容が難しくなっております。

その他につきましては、昨年度と変わりありません。


  質問2.    特に力を入れているコース、教科を教えてください。

国際先進コースの1コース制です。

中学は基礎学力の定着をはかるため、主要5科目をしっかり学習していきます。朝学習(小テスト・読書など)や放課後の補習なども実施し、高校進学・大学入試に向けて取りこぼしのないように丁寧にサポートします。

教科としては、特に理科に特徴があり、実学を重んじ年間30回以上実験を実施しています。物・化・生・地のあらゆる分野の実験を3年間通して体験します。

全体としては、どの教科もICTを活用し、生徒と双方向の授業や課題配信など行っています。コロナ禍における自宅待機期間であっても、個別にすみやかにオンラインに切り替え、学びを止めないように取り組んでいます。


 質問3.  御校の魅力はどんなところですか?

生徒が主体的にのびのびと過ごしているのが自慢です。

本校は天台宗の仏教の学校ですので、高1の比叡山研修や、中2の日光山研修など宿泊を伴う修行体験を実施しています。その中で、自分自身と向き合い、忘己利他(己を忘れて他者のために利する)の精神を伝えています。互いの多様性を認め合って過ごしていくことを大切にしています。この修行体験は全員がその意図をすぐに理解できるとは限りません。卒業して大学への進学後や社会人になってはじめて、理解する人もたくさんいます。そのため、卒業生の子弟が保護者や兄姉に勧められて入学することもとても多いです。

また、教職員の子どもたちも多く在籍しています。勤務校に我が子を通わせる判断をしていることは、言葉で魅力を説明するよりも説得力があるのではないかと思っております。 


質問4.   どんな生徒に来てほしいですか?

ある在校生が次のように言っています。「私のクラスは綿雲のようだ。それぞれが個性豊かでふわふわと思い思いに動いているよう見えるが、いざ行事などがあった場合には、みんなが1つ目標に向かって協力して進んでいくことができる。」と。

本校は生徒の主体性を大切にします。自分自身がやりたいこと、臨みたいことを積極的に応援します。一方で、他者も自分と同じだ、ということに気づき、尊重し合える環境があります。多様性溢れるなかで、“なりたい自分になりたい人”はぜひ本校に来てください。心よりお待ち申し上げております。

 

 質問5.   具体的な合格基準を教えてください。 

2科(国算)・4科(国算理社)・適性検査AとBに関しては全体の5〜6割程度が合格基準になります(平均点により上下する場合があります)。


質問6.    受験生へのアドバイスまたはメッセージをお願いします。

中学・高校時代は、長い人生の中で最も鮮やかに記憶に残る時代だと思います。その大切な6年間、3年間をどこでどのように過ごすかは、何より自分自身が判断することがとても大切です。駒込中学校高等学校は、「学びを止めない」ことは当然のことですが、「行事も止めない!」ことも大切にしています。行事は学校側からすると年間の1つの通過点でしかないかもしれませんが、生徒の皆さんにとっては一生に一度の想い出となります。コロナ禍でも様々な行事について、感染拡大防止対策を取りながら実施してまいりました。このように学校によって理念は様々です。ぜひいろんな学校を肌で感じて自分自身に合った学校選びをしてください。そのなかで駒込を選んでもらえたらそれはとても嬉しい事です。私たちと共に記憶に深く刻まれる充実した学校生活を築き上げていきましょう。


※コース設定や偏差値のみにとらわれない多様な入試など、やはり時代を先取りした学校ですね。

本田先生、お忙しい中、大変詳しいご説明をいただき、ありがとうございました。 

   (聞き手:自由塾代表 中島正浩)

※駒込高等学校につきましては、近日中に掲載させていただきます。


駒込学園HP  → クリック

駒込学園Facebook → クリック


入谷教室

入谷教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする

日暮里教室

日暮里教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.