新着情報
低学年のうちに!夏から始める学力の土台作り!~国語力はすべての学習に通じる~
2024. 6. 21/
自由塾代表の中島です。
(中島の履歴書はこちら→クリック
台東区入谷教室、荒川区日暮里教室で直接教鞭も取っています。
自由塾は、昨年末に45周年を迎えた都立中学受検、私立中学受験、高校受験内申対策に強い学習塾です。

自由塾は『能動的に読んで考えるカ』=インプット『自分らしく表現する力』=アウトプットを大切にしている塾です。
これまでもここで何度か強調してきたのですが、改めて国語力の大切さについて書いてみたいと思います。

生徒を直接指導していてよく思うことのひとつは、「国語力はすべての学習に通じる」ということです。
算数(数学)や社会、理科が苦手と言っても、実は国語力が…ということは少なくありません。
国語力がないために、学校のテストや入試問題で、国語に限らず何点も損をしているというケースはよくあります。
このことは東洋経済オンラインの記事でも取り上げられています。
〈記事参照「国語ができない子ども」他の科目も伸び悩む根拠 → クリック

国語が苦手で文章が読めない、書けない生徒は、すべての主要教科で苦労するのが現実です。
実は特に顕著なのが算数です。
計算は大丈夫と思っていても、文章題や関数系の問題になると、とんとできないということはありませんか?
題意が読み取れない、つまり生徒がよく言う言葉ですが「問題の意味がわからない」のです。
これって、とりもなおさず国語力ということです。
意外かもしれませんが、国語力の有無で一番差が出るのが、実は算数なのです。
無論算数だけでなく、国語が苦手な生徒は英語も理科、社会もその後大きな伸びをすることはレアです。
なぜなら、「問題の意味がわからない」と感じる生徒は、その時点で考えることを停止してしまうからです。
これでは中学受験、私立であれ都立であれ、太刀打ちできるはずがありません。

中学生になるともっと深刻です。中学生になってから国語力を飛躍的に伸ばすことは簡単ではありません。
そうなると国語に限らず、昨今の文章量の多い定期テストや高校入試問題に対応できません。
さらに、高校の推薦入試で課される小論文など、まず書けるはずがありません。
昨年度、こんなことがありました。
都立中学受検クラスの小6と都立高校推薦入試を控えた中3の生徒に、都立中学の適性検査過去問の作文系の同じ問題に取り組んでもらいました。
なんと小6の生徒の方が評価できる文章を書けていたのです。彼らは個人差はありますが、都立中学受検クラス以前から自由塾で学んでいた生徒を含め、2〜5年程度、文章を読んだり書いたりする授業を続けてきた生徒達でした。
真の国語力を養えるのは、小学生のうち、さらに学年も低いほうがいいのです。
「能動的に読んで、考えて、表現する力」は、低学年のうちにつけるべきです!


冒頭にも書きましたが、自由塾はインプットとアウトプット、つまり国語力を重視し、育むことに力を注いでいる塾です。
ここからは特に国語力を高めるのに適したクラスやコースをご紹介します。
①『ラビットコース』(小1〜小3)
低学年のうちに、「考える力」「読み解く力」「書く力」をつけることに特化したクラスです。
さまざまなテーマの文章を読んだり、それについて考えたりしながら、知的好奇心を高め読解力や思考力をを養います。
また、いろいろな素材や題材を使って、書くことの楽しさを味わいながら、表現力を高めます。と言っても最初はアナグラムや言葉集めなど言葉遊び的なものから始め、身近な書きやすいテーマで100字作文、200字作文と段階を踏んでいきます。ですから、初め2、3行で鉛筆が止まっていた生徒も数カ月すれば、原稿用紙1枚程度ならすらすら書けるようになります。
こうして、このクラスで培う学力の土台は、記述問題の増えた私立中学入試や思考力、表現力を問われる都立中学入試の受験準備にも適しています。もちろん、中学受験しない場合でも、その先の高校受験や大学受験につながっていく力を養成します。

②小学生非受験『ホープクラス』『チュートリアルコース』(小1〜小6)
今年度より、小学校の非受験クラスでは、学校の教科書に準拠したテキストに加えて、教科書以外の文章を扱った読解メインのテキストを併用しています。
教科書の文章は内容を知っているため、本文をよく読まず記憶で解いてしまっている生徒が少なからずいます。
初見の文章でも能動的に読み解く力=真の読解力を養うための自由塾の新たな取り組みです。
いろいろな文章に触れることにより、読解力向上の機会を増やします。

③都立中学受検対策クラス(小5,6)/ プレ都立中学受検対策クラス(小4〜6)
都立中学の試験は国算理社の教科の試験ではなく、適性検査と言われる教科横断型の試験になります。
特に適性Ⅰは大人でも手応えを感じる長文を読んで、400文字前後の意見文を書くことを課されます。
まさに真の国語力が試される試験です。
上記の『ラビットコース』と同様、『都立中学受検対策クラス』『プレ都立中学受検対策クラス』でも書くこと、読むことに力を入れて指導します。
小学生新聞の書き写しや要約、感想に取り組み、また読解問題では、選択問題や書き抜き問題を協力省き、記述問題に特化した問題に取り組みます。このような対策を1〜2年続けることで、読解力、表現力は格段に上がります。


以上の国語力を高める各講座を、夏期講習前の『夏期入門講座』で2週間体験していただくことができます。
ただし、曜日によっては定員に達していて、すぐには受講できない場合がありますので、事前にご確認ください。
※前年度、小学生の時間帯は年度途中から満席となり、多くのクラス、講座を募集休止とさせていただきました。

【夏期入門講座で国語力強化の授業を体験していただけます】

★夏期入門講座 7/8(月)〜19(金) 

通常1週間のところ、2週間体験受講できます。7/5までのお申し込みで無料。

★夏期ステップアップ講習  7/22(月)〜


まずはお気軽にご相談ください。

         ↓

 ご相談,資料請求,体験お申込

  


入谷教室

入谷教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする

日暮里教室

日暮里教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする
【24年度開講】ラビットコース小1クラス立ち上げます
2024. 6. 17/町屋教室の新着情報 /
こんにちは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室とブラボーボックスを運営しているブラボー先生®こと、教室長のヨシモトです!よろしくお願いいたします!



友達の数は大分誇張されております笑。お母さんのセリフがシニカルですねえ。

さて。

自由塾町屋教室では、教務主任ヨシザワが一貫して私立中/都立中の受験文系科目の担任をしております。

夏や秋口になると、ココに加えて高校受験の論文対策にも乗り出します。

必然、彼女の指関節が悲鳴をあげる、と。申し訳ございません!!!!

生徒諸君には是非、彼女の(添削の)指の状態をよくするべく、なるべく花丸だけにしてほしいものです。

なんたって、口がふさがらないほどの受講生抱えているのに2回・3回と論文書き直しさせてるんだもの、そりゃ必然添削の枚数も増えるってものです。

彼女は現在、【添削だけをする】事務日があるくらいです。

添削は、それだけ重要で、この情熱は日本を探してもあまりないかと思います。

いいすぎ?

自塾のサービスをこれくらい自慢できなきゃ学習塾やってませんよ!

あれ?なんのお話をしたいんだっけ??

そうそう。

そんなヨシザワのクラスは現在 ──

・ラビットコース
・思考表現
・私立中対策
・都立中対策

の四クラスありまして、

それぞれラビが小学1年生から3年、思考表現が4年、私立中対策が4年〜6年、都立中対策が5・6年となっております。

思考表現が都立中対策の準備養成講座になっているので、都立中を視野にいれている生徒が多く思考表現クラスを受講しているようです。

その中でも小1ラビットコースなんですが、これはとても立ち上げが難しくて。記述メインのクラスなので、どうしても小学校入ったばかりの生徒を新学期スタート
からドンッて始められないんですよね。

適性は、確実にある。

面談でも、

「え、まだ時期尚早なんじゃね?」って言っちゃいます。

国語算数などの、学校の授業のフォローではないクラス(低学年の学習フォローはしつけと半々だから親がやった方がいいと思っている)なので、4週間かけてじっくり体験してもらいます。

実は新学期早々に一度立ち上げたのですが、体験生がギブアップ。

無理に立ち上げないつもりですが、また勇者笑が体験に来てくれたので、一緒にやる生徒を少数募集します。

だれも来なきゃ、人気講師を独り占め笑。

体験は無料ですが、その前に保護者面談必須です。

我が子を!と手を挙げる方は、公式LINE登録から是非。

自由塾町屋教室
ブラボー先生®

◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢
お問い合わせはこちら
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢


友だち追加
大手塾についていけないサインを見逃すな!~『いきいき私立中学受験』のススメ
2024. 6. 12/自由塾の新着情報 /
自由塾代表の中島です。
(中島の履歴書はこちら→クリック
台東区入谷教室、荒川区日暮里教室で直接教鞭も取っています。
自由塾は、昨年末に45周年を迎えた都立中学受検、私立中学受験、高校受験内申対策に強い学習塾です。

新学年がスタートして、早や2カ月以上が経過しました。お子様の学習状況はいかがでしょうか?
例年この時期にいただくご相談で多いのが、大手塾に通っている生徒の保護者の方からのものです。「大手塾に入ったはいいけれど・・・」といった内容の相談です。
大手塾の集団指導で、ある意味で揉まれた方が伸びる子がいるのは事実ですし、もちろんそれを否定するわけではありません。
けれど、一方で大手塾の集団指導方式が合わない、あるいはついていけない子がいるのも事実です。
以下のようなな様子が見られたら要注意、それはついていけないサインです。
●中学受験勉強を始めた当初はやる気満々だったけれど、いやいや机に向かっているように見える
●塾の宿題を忘れがち、あるいは処理しきれていない
●塾の授業がわからない、つまらないと言うことが多
塾の復習テストで半分以下の点数がほとんど
●塾からの宿題に手を着ける時間が遅く、生活リズムが乱れがち

こういったサインを放置しておくと、どうなるでしょう。
入塾したての頃は「がんばるぞ!」と目をキラキラさせていても、一度「ついていけない」状態になるとそれが当たり前になり、授業中は座っているだけになります。いわゆるお客さん状態です。
塾や勉強は、がむしゃらにがんばって何とかなるものではありません。まずは、お子様と塾が合っているかどうかを客観的に見つめる必要があります。最難関校や難関校の合格実績を前面に出す塾は、そのための授業が展開されます。
「そういう塾に入れれば、ウチの子のレベルも上がるだろう」と勘違いされる方が多いですが、そんな子ばかりではありません。モチベーションが低下し、 負のスパイラルに陥るケースも少なくないのです。
すると受験勉強だけでなく、勉強自体が嫌いになってしまいます。仮に受験は乗り切れても、そこで終わりです。中学受験で燃え尽きてしまうのです。

自由塾入谷教室、日暮里教室 は、中学受験で燃え尽きない、『いきいき中学受験』を提唱しています。
大手進学塾や他塾でありがちな長時間拘束をしません。子ども達が、負担に感じない、ストレスを感じない範囲で指導します。
お弁当を持参して、1日4,5時間、そういった非効率な指導はいたしません。
自由塾の私立中受験クラスの授業時間は通常授業で1回1時間50分です。週の受講回数も平均2.5回程度。
「時間が短いですよね。」と聞かれることもあります。
では、長ければ、必ず結果を出せると思いますか?
週何回も、何十時間も拘束される必要はないのです。まして、夏期講習で朝から晩まで塾にいて、何十万もかければ合格するというのは幻想です。
自由塾はそういった方法をとりません。「より効率的に、結果を出す。」ことにこだわります。

以前、私立中学に合格した生徒の保護者の方に
「自由塾のお陰で、省エネ受験ができました。」と言っていただきました。
省エネかどうかはわかりませんが、少なくともコスパ、タイパはかなりいいはずです。
無駄に時間やお金をかけず、かつ子ども達の活力を奪わない受験。
一番大事なことは、受験で子ども達を疲弊させないということです。
それが自由塾の中学受験の求めるスタイルです。

【自由塾のいきいき私立中学受験コースとは?】

少人数で近い距離感で寄り添うことができ、勉強が好きになる前の段階として、まずは塾という空間を好きになってもらうことで、先生や友達との関係性を作りながらモチベーションを上げるようにしていきます。

●生徒ひとりひとりの志望校や理解状況に応じて、最適のカリキュラム、テキストで指導します。カリキュラムに柔軟性があるため、その子にちょうどいい負荷の勉強をさせることができます。

●各生徒に合わせて、難しすぎる問題や単なる詰込みは除外し、無理なくムダなく指導します。目指しているゴールが最難関レベルというわけではない子が、大手塾の「合格実績狙い」のカリキュラムを無理にこなす必要はないのです。

●お子様に合った私立中受験を学校選びからお手伝いします。 

★集団指導ではなく、個別指導で中学受験勉強をするメリットとは?

●集団指導でありがちな、わからないまま先に進んだり、「そんなのわかってるよ」といったことを何度も繰り返したりといったことがなく、自分のペースや理解状況に合わせて効率的に学習することができます。

●集団指導では質問ができない生徒でも、気軽に先生に質問することができます。

●苦手単元や弱点を集中的に学習することができます。また、入試直前には自分の受験する学校の過去問を中心に学習することもできます。


【『いきいき私立中学受験コース』で結果を出した生徒達】 

〈ケース①5年生途中から入塾し、安田学園中学に合格したT・Yさん〉

大手進学塾に4年生から通塾していたT・Yさん。授業内容の難度についていけず、やる気を失いました。受験断念も考え大手進学塾を退塾し、勉強から離れた5年生の途中で、やはり受験したいと言い出し選んでいただいたのが自由塾でした。この時点で模試の成績は、偏差値40。算数に至っては,偏差値27ということも。

入塾当初は表情も反応も希薄で、正直なところ大丈夫かなと感じていました。でもそのうち、みるみる表情が明るくなってきたなと思っていたら、成績もうなぎ上りに。 出された宿題もこなせないとお母様からうかがっていましたが、自ら宿題をもっと出してほしいと言い出すまでに。

そして6年生になると、偏差値はコンスタントに60を超えるようになり、安田学園中学先進コースに合格。
本人も保護者の方も納得と満足感で中学受験を終えることができました。


〈ケース②6年生途中から入塾し、立教池袋中学に合格したW・K君〉
大手進学塾で難易度も課題の量もついていけなくなり、志望校との偏差値の差が開いていく一方でした。当然本人のやる気も下がるという負のスパイラルに。
そこで、6年生の夏休み前に自由塾に転塾。
授業では、理解が不十分な単元や志望校の対策を中心に指導しました。個別で親身に生徒に向き合い、丁寧に指導するスタイルがよほど合ったのか、毎回にこにこと楽し気に授業を受けていました。その姿は受験期まで変わることはありませんでした。
そして、進学した立教池袋中学を始め、受験した5校すべてに見事に合格しました。

【2024年度入試の自由塾入谷教室、日暮里教室の合格校】 
 ※私立中学受験者数は入谷教室、日暮里教室合計で14名です。(都立中学が第1志望で、適性検査型で私立中を受験した生徒を除く)
・立教池袋中学 ・成蹊中学 
・日大豊山中学 ・獨協中学
・東洋大学京北中学 
・安田学園中学(先進特待)2名
・淑徳中学 ・淑徳巣鴨中学 
・駒込中学・桜丘中学(A特待) 
・聖学院中学・中村中学(特待A) 
・成立学園中学・東京成徳大附属
・宝仙学園理数インター
・日本工業大学駒場中学 
・埼玉栄中学(医学コース)2名 
・埼玉栄中学(難関コース)
・開智所沢中学(話題の新設校) 
・獨協埼玉中学   ・城西川越中学
・専修大学松戸中学・昌平中学  
・二松学舎大学附属柏中学
・光英VERITAS中学 
・流通経済大学付属柏中学


こんな方におススメ!

●偏差値だけでなく、校風などが子供に合った学校を選びたい

●集団指導より、個別で丁寧に教えてもらいたい

●スポーツや他の習い事を続けながら、受験勉強したい

●大手進学塾が合わない(合わなかった) 


【夏期入門講座で『いきいき私立中学受験コース』を体験していただけます】

★夏期入門講座 7/8(月)〜19(金) 

通常1週間のところ、2週間体験受講できます。7/5までのお申し込みで無料。

★夏期ステップアップ講習  7/22(月)〜

まずはご相談、体験から。

大手進学塾で行き詰まっているお子様をお持ちの方も、お気軽にご相談ください。

         ↓

 ご相談,資料請求,体験お申込


入谷教室

入谷教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする

日暮里教室

日暮里教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする
【大成功】女子校フェスタ開催!
2024. 6. 3/町屋教室の新着情報 /
こんにちは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室/ブラボーボックスを運営しているブラボー先生®こと、教室長のヨシモトです!どうぞよろしくお願いいたします!

塾生ファーストの自由塾町屋教室。

もちろん外部募集も細々とやっておりますが(もうすぐ完全停止)、まずは自塾生の満足度・学力向上のために汗をかいております。

保護者におかれましては、他塾と違いコラ、むしろ塾探しの時よりも入塾してからのほうが色々と忙しい塾ではあります。

先ほど面談月間で、共働きのお母さんが、

『よしもちゃんのきまぐれで急にLINE全体連絡がくるから気が抜けない』とおっしゃってました笑。

朝とかにも平気で連絡します#普通午前7時に学習塾から連絡きますか?

さて。4月からなんとなく、【閑散期は一か月に一度くらいなんかイベントやりたいなー】とおもっていて、実際なにかしらできております。

3月は地域最速都立私立中学高校学校説明会を、

4月は私立駒込高校・私立聖学院高校の有志高校生による出張授業イベント。

そして今月は、表題にある通り、【女子校フェスタ】と題して、女子校4校の先生方をお招きして、自塾内で女子校にフォーカスした、学校説明会を執り行いました。

思い返してみたら、コロナ期に、学校よりも早くYouTubeライブで毎週毎週30校ほどの学校説明会をオンラインで開催してきた自由塾町屋教室。

今回も、ライブチケット/オンラインチケット(共に無料笑)という建て付けで、先着順で対面・後からお申込みいただいたらオンラインで説明会に参加という形で、会場から【制限】という概念を取っ払いました。

ただし、せっかく手弁当できてくださる学校関係者のために、せめて『ライブチケットが完売にならないと催行はしないよ』、という縛りを掛けました。

果たして数十分で、きちんとライブチケットは完売※前述保護者のコメント笑。

オンラインもまあまあの売れ行きでした#しつこいですが無料。

ライブ会場の様子は、こちら、教室内の監視カメラの映像から。

右に立っているのが司会を務めるブラボー先生®です。塾生保護者の顔はぼかし加工をしてるとはいえ、まあまあの解像度ですね笑。

一校目は、準ほめメンバーの中村中学高等学校江藤教頭先生。


の、プレゼンの様子を隣の待合室で見守る他校の先生方。


【準ほめメンバー】とは、ブラボー先生®のYouTubeチャンネルによく出演してくださるお友達先生の愛称であります笑。


準ほめメンバー・瀧野川女子学園中学高等学校からは、おなじみ鈴木先生と、


チアリーダー部顧問の椎名先生


お隣北豊島中学高等学校からは、佐藤先生が登壇してくださいました!


京華学園からはいつメン/準ほめメンバー武藤先生。武藤先生は、京華/京華商業のプレゼンになっても来て下さることでしょう!


最後は、当教室11年目(当教室は開校11年目ですから同期です)、ただいま講師として活躍している宮道先生のプレゼン。中高と十文字に在籍、現在は杏林大学医学部で医者になるため猛勉強の傍ら自由塾町屋教室でも教鞭を振るう、スーパー新人講師です。


最後はトークセッションを。生徒・保護者からも生の意見が相次ぎました!


見てください、彼女の真剣な眼差しを。


早速保護者の使用許諾を得て、アーカイブのサムネを彼女モデルで作成。

憧れの芽が芽吹いた瞬間です皆様。

こんな感じで、やる気のタネをせっせと撒いてるブラボー先生®なのでした。

自由塾町屋教室
ブラボー先生®

女子校フェスタのアーカイブ希望は、メルマガ会員になってから

◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢
メルマガ会員はこちら
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢


友だち追加


中1対象無料『定期テストの勉強法セミナー』6/5開催~初めての期末テストはこう臨む!
2024. 5. 23/入谷教室の新着情報 / 日暮里教室の新着情報 /
自由塾代表の中島です。
(中島の履歴書はこちら→クリック
台東区入谷教室、荒川区日暮里教室で直接教鞭も取っています。
自由塾は、昨年末に45周年を迎えた都立中学受検、私立中学受験、高校受験内申対策に強い学習塾です。

【定期テストの勉強法セミナー】
●中1対象
●6/5(水) 20時40分〜22時
●自由塾入谷教室、日暮里教室
●定員 各教室 外部生は3名まで(無料)
テスト勉強法や家庭学習の仕方など中学生の勉強法をアドバイスします。

5月も半ばを過ぎ、間もなく6月になります。
中学1年生の皆さんはいいスタートを切ることができたでしょうか?
6月になると、区立中学では期末テストが実施されます。
ここ数年、1学期の中間テストを実施しない学校が増え、初めての定期テストとなる生徒も多いと思われます。
1年生は定期テストの勉強法のノウハウがない上に、中間テストがない場合は範囲もかなり広くなります。
さらに、ここ数年、中1の1学期の定期テストでも平均点が5,60点、場合によっては50点を割ることもあるのです。
最初のテストでそんな点数を取ってしまうと、子供たちが一気にやる気を失くしたり、苦手意識を持ったり・・・目に見えますよね。

●1年生の1学期から、定期テストの内容が難しくなり、点数を取りづらくなりました。 
なぜ、そんなことになっているのでしょう?
確かに数年前までは、中1の1学期の定期テストはある意味、安全パイでした。英語など90点以上がほとんど、100点も多数。数学もそれに近い状況でしたが…。現況は様変わりしています。
中学で教わる学習内容自体が難しくなっているのです。
【英語】小学校で教科化されたことにより、すでに土台ができていること前提で、授業が進みテスト問題も作られます。数年前までのように、1年生の最初の定期テストはアルファベットが書ければ…なんて生易しいものではありません。さらに教科書改訂により、一気に難易度が上がったことも一因です。いきなりbe動詞と一般動詞が同じ単元で登場し、土台のできていない生徒は、最初から混乱してしまいます。
ここの理解度は本当に大切な部分で、この先の中学英語、高校英語の成績を占うと言っても過言ではありません。
【数学】英語ほどではないにしろ、同様な傾向があります。最初の単元の正負の数でつまずくと、その先の文字式や方程式もわからないままで、結局数学嫌いになってしまいます。正負の数ぐらいとあなどってはいけません、特に正負の数の加減の計算は、中3になってもできない生徒がいます。
また思考力や応用力を問う問題が増えているので、心してかからないと、最初で痛い目に遭ってしまいます。

●学校のテスト前課題が、非常に多い。
多くの中学生が、この課題をこなすだけで手一杯、本来のテスト勉強ができなくなっています。そして、この課題の達成度も内申に大きく関わってきます。
中学に慣れるのにまだ精一杯の1年生にとっては、いきなり負荷がかかることになり、なかなか学習のペースをつかめないケースも多々見られます。

「最初の一歩=初めての定期テスト」は、とても大切です。その結果によって、以後の学習に対するモチベーションが大きく変わってくるからです。
定期テストで結果が出ず、勉強に苦手意識を持つ、こんな悪循環に陥る生徒が少なくありません。
そうなると
中2、中3になって、中1の内容が理解できていない生徒が多い。
これは、結構深刻な問題です。中2、中3になってから入塾の相談をいただく場合、成績不振の原因の大半は中1の内容が理解できていないということです。
英語では、be動詞と一般動詞を混同して使ったり、疑問文や否定文を作れなかったり、三人称単数の意味が分からなかったり…すべて中1で教わる内容、それも1学期に教わる内容がほとんどです。
数学でも正負の数や文字式の計算の時点でつまづいているケースが少なくありません。こちらも中1の1学期の内容です。
中1の1学期の内容は基本の基本ですが、逆に言えば、そこでつまずくと中3になっても苦労することになります。

では、具体的にどうすればいいのか?
●日頃から、学校の授業の予習、復習をしっかり行うこと。
●学校の教科書やワーク、配られたプリント、板書を写したノートをしっかり学ぶこと。市販の問題集や塾のワークはその後です。
●できるだけ早くテスト勉強を始めて、まず学校のテスト前課題を早く終わらせること。そうしないと本来のテスト勉強ができません。
当たり前のことばかりですが、なかなかそれがきっちりできない生徒が増えています。
当たり前のことをしっかりやれば必ず結果がついてきます。日頃からの学習の積み重ね、家庭学習も含めた積み重ねが非常に大切になってくるのです。
そして、何より
●中学生の勉強法を1日も早く確立することです。
 
自由塾では、中1の生徒に対して
●基本学習を大事にし、基礎をしっかり定着させること。
●家庭学習、テスト勉強法も含めて、中学生の勉強法をアドバイスすること。
を特に大切にして、指導しています。
まず、その皮切りとして下記開催します!
【定期テストの勉強法セミナー】
●中1対象
●6/5(水) 20時40分〜22時
●自由塾入谷教室、日暮里教室
●定員 各教室 外部生3名(無料)
●内容 
・定期テストの勉強法全般
・教科別の学習法
・テストを受ける時、気をつけること
家庭学習の進め方 など
 中学生の勉強法をアドバイスします。
まだスタートしたばかりの中学の定期テストで痛い目に遭い、やる気を失うことのないよう定期テストの勉強法を中心に中学生の勉強法全般をを伝授します。

定期テストの勉強法セミナー』参加希望は→  クリック

同時募集
【期末テスト対策週間体験受講生】〈中1〜中3〉
1学期期末テスト対策週間6/6(木)スタート
※外部生5名 期末テスト対策授業を5回まで無料体験受講できます!
 こちらは中2、中3の方もOKです。
 中2、中3の生徒で勉強の仕方がわからないという方もご相談ください。

  期末テスト対策週間』体験受講希望は→ クリック


入谷教室

入谷教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする

日暮里教室

日暮里教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする
『京華女子中学校・高等学校』の入試報告会レポート ~2024年度中学入試、高校入試結果報告、大学受験実績など
2024. 5. 21/
自由塾代表の中島です。
(中島の履歴書はこちら→クリック
台東区入谷教室、荒川区日暮里教室で直接教鞭も取っています。
自由塾は、昨年末に45周年を迎えた都立中学受検、私立中学受験、高校受験内申対策に強い学習塾です。

前回ご報告した男子の京華中学・高校に続き、今回は『京華女子中学校・高等学校』の入試報告会レポートです。



ついに3校(京華中高、京華女子中高、京華商業高)ワンキャンパスが実現しました。
男女別学の、それぞれのびやかに活動できる良さは維持しつつ、男女で協力、協調できるところはしていくという方針です。
検定講座や留学プログラム、文化祭などは男女一緒、つまり『女子校だけど、時々男女一緒』というこれまでありそうでなかった教育の新しいスタイルを作っていくということのようです。進化系の女子校、期待値大です。

【2024年度中学入試概況】
●出願者数・受験者数は昨年比1.5倍に!
受験者数推移(過去3年)205名→391名→604名
●主な併願校
女子校 1位三輪田 2位江戸川女子 3位跡見学園、神田女子
共学校 1位桜丘 2位安田学園、郁文館、駒込
公立校 1位白鷗 2位九段 3位桜修館、両国
上位女子校との併願が大幅に増加。共学校との併願も増える。
●受験生の得点状況
成績の上位層が増え、平均点も合格最低点も上昇。合格最低点は昨年の得点率約60%から65%に。
●4教科での受験生が大幅に増加。

【2024度 高校入試結果概況】
●出願者数は約1.2倍に、特奨・特進は約1.4倍に!
出願者数推移(過去3年)161名→193名→226名
●主な併願校
1位墨田川、晴海総合 2位武蔵丘、向丘 5位豊島 6位上野
●受験生の得点状況
合格最低ライン 特奨72%、特進62%、進学50%
上位層と下位層の得点差が大きい。

【2024年度大学受験合格実績】
●国公立大 9名
●早慶上理  4名
●GMACH  24名
●有名女子大(東京女子、昭和女子、津田塾など)昨年8名→30名に。
延べ大学合格数254名
※大学の指定校推薦枠が135校800名という多さも魅力です。

【オープンキャンパス日程】(1学期実施分のみ掲載)
●京華女子中学 
 5/25(土) 10:30〜
  6/22(土) 10:30〜
  7/14(日) 10:30〜 
●京華女子高校
 6/15(土) 10:30〜
   7/14(日) 14:30〜
 
↑開放的なラウンジ 
           
【中島所感】
新校舎完成、3校ワンキャンパス実現で力が入っています。
説明会後、新校舎を見学させていただきました。新築の匂い、いいですね。
教室も新しいだけでなく、明るくいい感じです。
新たな女子校のスタイル、さらなる進化を期待できそうです!

教室ページはこちら

入谷教室のページを見る >
日暮里教室のページを見る >
毎月イベント!フェスタ東京に出展します【下町塾長会議】
2024. 5. 20/町屋教室の新着情報 /

こんにちは。東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室とブラボーボックスを運営しているブラボー先生®こと、教室長のヨシモトです!よろしくお願いいたします。

さて、ブラボー先生は、月に一、二度の頻度でゆる〜くyoutubeで発信活動を行っております。こちらのチャンネルでは主に塾の活動報告などを中心に、子育てハックや学習法などあーだこーだ言っております。

で。

ブラボー先生、実はもう一つyoutubeの出じろがあって、それが【下町塾長会議】です。

こちらはかなり異色のコラボで、それぞれ学習塾の塾長先生が四人集まって、受験子育て学校紹介について毎週語るチャンネルとなっております。

この四塾、別に協働しているわけでもなんでもなくって、本当にただのコラボユニット笑。

街の学習塾がどうやったら大手のような潤沢な資金に打ち勝つ発信ができるか?って言う、壮大な実験チャンネルなんです笑。

注・大手塾の潤沢な広告資金の源泉は言わずもがな月謝です。

受験がおわり、なんとなく例の流行り病も鳴りを潜めた2024年。自由塾町屋教室は4月より1カ月に1度くらいの頻度でイベントも組んでおりまして。

3月の説明会、

4月の戦争の伝承、

5月の女子校フェスタ

ときて、6月は、私学の先生方の主催する【フェスタ東京】という説明会に出展することになりました。

・・・

下町塾長会議名義で笑。



上のチャンネルはややこしいですが、ワタシの運営する倍ほめチャンネルです汗。

当日は、笑っていいとも!みたいに数珠つなぎで学校の先生紹介や、模試会社の方とのトークセッション(未定笑)、会場校でみつけた生徒インタビュー、公開生筆問など、我々っぽいイベントができればなあと思っております。

是非、6/16(日)は予定を開けておいてくださいね!



URLも貼っておきますね!要予約ですよ!!!

自由塾町屋教室
ブラボー先生®
都立中学受検の現状~倍率低下の今は狙い目か?
2024. 5. 17/
自由塾代表の中島です。
(中島の履歴書はこちら→クリック
台東区入谷教室、荒川区日暮里教室で直接教鞭も取っています。
自由塾は、昨年末に45周年を迎えた都立中学受検、私立中学受験、高校受験内申対策に強い学習塾です。

都立中学受検の志願者、受検者数が年々減少傾向にあります。
今年2月の入試では立川国際以外のすべての都立中学が減少しました。
概ね3〜5倍の受検倍率に落ち着きつつあります。これでも決して低いわけではありませんが、一時期は7〜10倍程度の倍率があったわけですから、だいぶハードルが低くなった感じはあります。
それについては、AERA Kids Plusでも詳しく報じられています。↓

はなから都立中受検は無理と決めつけないで、一度検討してみてはいかがでしょうか?
都立中学受検が敬遠されるようになった理由は大きく分けると次の2点に集約されます。
①倍率が高すぎて、なかなか合格できない
②すべての都立中学が同じ受検日で、複数校の受検ができず、一発勝負で受け皿がない

①については、上述した通りだいぶ落ち着いてきました。それでも3〜5倍…と言われるかもしれませんが、私立中学の多くはその程度、人気校ではそれ以上の倍率になります。
②については、確かに都立中学受検は一発勝負です。
でも、ここ数年、私立中学との併願受験が増えているのです。今年2月の入試でも、都立中学が第1志望の塾生の9割以上が私立中学も受験しています。
「私立と都立では、試験のスタイルが違うのでは?」という声が聞こえてきそうですが、私立中学でも都立中学と同様の適性検査型入試を行っている学校が少なくありません。
また、そのような学校では、伸びしろの大きい適性検査の勉強をしてきた生徒を多く採りたいと考えている学校も多く、特待生制度が充実している場合もあります。

もうひとつ、都立中学受検をおススメする大きな理由があります。実は、そこが一番のポイントなのです。
それは、都立中学の適性検査対策の学習は、能力開発=後伸びにつながるということです。
【都立中受検対策の勉強は「後伸び」「能力開発」につながる】
都立中学受検に向けて学んだ生徒達の多くは、単に中学受検で終わらず、その後も「後伸び」します。たとえ区立中学に進学することになっても、学年上位になり中学受検で受検した学校と同レベル以上の高校に進学する生徒も少なくありません。
なぜなら、都立中学入試の適性検査は、4教科の学習とは異なる、思考力や表現力を試される試験だからです。
ですからそれに向けての対策で培った力は、その先の高校受験、大学受験や多くの企業の就職試験で採用されるSPI検査などにも活きてくるのです。
都立中受検対策の学習で、「考える力」と「考える姿勢」を養うことが、間違いなく能力開発につながります。
【都立中受検を選択するには理由がある・・・】
私立中学受験ではなく、都立中学受検を選択されるのには、それぞれ理由があります。
もちろん、費用面で私立よりも都立の方がという選択をされる場合もあります。
でも、それだけではなく、都立中受検のための学習は、上記のように中学受検にとどまらず、場合によっては高校受験、大学受験、さらにはその先にもつながっていくということを重視される保護者の方も少なくありません。
また、能動的に考えて取り組む学習は本来楽しいものです。生徒達が楽しく感じながら学習に向き合う中で、自ずと能力開発につながることも理由のひとつと言えるでしょう。

【自由塾の『都立中学受検対策クラス』では・・・】 
●国語系「表現力」「読解力」を養成する時間(入谷教室金曜、日暮里教室月曜)  
 都立中学入試の適性検査では、手応えのある長文を読んだ上で、400字前後の意見文が課されます。また、他の問題でもほとんどが記述問題です。
 その対策として、まず「書くことは楽しい」と感じてもらえるようなテーマから自由に書いていただきます。
 書くことへの抵抗感を取り払い段階を踏みながら、最終的には、読み手に伝わるような文章を構成し、表現する力をつけます。 
 また、長文読解の対策として、随筆や説明的文章をじっくり読み合わせしながら、解釈していきます。能動的に読んで、考える力をつけます。
●理数系「数理的思考力」「問題解決力」を養成する時間(入谷教室水曜、日暮里教室金曜)  
 単純な計算や暗記ではなく、論理的思考力を要する数理問題や数字や迷路のような頭脳パズルに取り組みます。
 落ち着いて、じっくり考えることが苦手な生徒が、数か月後には能動的に考え、まず自分なりの答えを出すようになります。
 また、集中力も格段に上がります。
●社会系「資料を読み取り、分析する力」を養成する時間(入谷教室火曜、日暮里教室水曜)
 都立中学受検で、意外と軽視されがちなのがこういった内容です。
 でも社会的なテーマの資料を読み取り、そこから考察する問題は例年必出です。実はこのような問題は、しっかり対策が取れている生徒とそうでない生徒の得点差がつきやすいところなのです。
 自由塾入谷教室、日暮里教室では、こうした社会系の問題にも週1回時間を設け、対策を講じています。

【都立中受験に向けた準備クラスとして『プレ都立中受検対策クラス』4年生〜】
詳細はこちら⇒クリック

【都立中受検するなら、適性検査型の模試を必ず受けよう!】
上述の通り、適性検査は教科の試験とは違う特殊な試験です。ある意味どこからボールが飛んでくるかわからないような…と言っても過言ではないでしょう。ですから実戦を積んで、いろいろなタイプの問題に当たっておくことがとても大切です。
特に緊張感のある環境で、限られた時間で受ける適性検査タイプの模試は必須です。
自由塾では、都立中志望者に、母集団が大きく実入試に近い『公中検模試』を年数回受けていただいています。塾に申し込むことで、会場でも塾内でも受検できます。
ただ、何の準備もなくこの模試を受けると、子供たちはこれまで取り組んだことのない内容や問題ばかりでかなり面食らってしまいます。
適性検査の模試を受けるまでに、最低3カ月程度の準備期間はほしいところです。

【夏期講習では…】
●自由塾の都立中学受検対策クラスでは、夏期講習で適性検査の過去問や模擬問題など、かなり実戦的な問題を中心に授業を進めます。
とは言え、まだ完成期ではないので、その中でも比較的取り組みやすい問題に広く当たります。
いろいろなパターンに慣れ、引き出しを増やすことが目的です。
これにより、本番でどんな問題が来てもあわてずに対応できるようになります。
●「読み手に伝わる作文」を書けるようにすることも夏期講習の大きな目標の一つです。
その一環として、夏には朝日学生新聞社主催のニュース作文コンクールに毎年参加し、都立中受検クラスから入賞者を例年数名出しています。
昨年は都立中受験対策クラス出身の中学生が最優秀賞をいただきました。
詳細はこちら⇒クリック
今年ももちろん参加しますが、こちらも急に書くことは難しいので、6月からでも準備をしておきたいところです。

●「都立中受検対策クラス」は例年とても活気のあるクラスで、生徒たちがいきいきと学んでいます。まず体験して、クラスの雰囲気だけでも見てみてください。
【各教室の残席】
●都立中学受検対策クラス(5,6年生)
 入谷教室 残席1名
 日暮里教室 残席2名
●プレ都立中受検対策クラス(4年生〜) 
 入谷教室 残席3名
 日暮里教室 残席2名


入谷教室

入谷教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする

日暮里教室

日暮里教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする
開催決定!【女子校フェスタ】
2024. 5. 6/町屋教室の新着情報 /
こんにちは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室/ブラボーボックスを運営しているブラボー先生®こと、教室長のヨシモトです!どうぞよろしくお願いいたします!

さて、先日4月に行った地域爆速受験説明会ですが、既報の通り、大成功に終わりました。のべ300超えたご家族が来て下さり、口々に良い相談会だった、志望校選びのきっかけになった、火が付いたみたい、とか色々お褒めの言葉いただき、学校側も沢山のご家族に会えてよかった、と謝意を頂きました。

まあ、火なんてテストの結果を見た保護者のため息で一瞬で消えちゃうので、何度も何度も火起こししなきゃなりません。

で、そんな中ーー

『ブラボー先生!本校にも登壇の機会をください!』と、瀧野川女子の鈴木先生からリクエストいただきました。

丁度その時、PCから顔を上げると、目の前には北豊島高校の広報自由塾町屋教室新担当・佐藤先生がご挨拶に。

ピインと何かひらめいたブラボー先生。

『佐藤先生、女子校集めて相談会しませんか?』とノリで佐藤先生を誘い、そのまま前回の相談会、学校代表が生徒で出じろがなかった中村中学高校の江藤教頭と、おなじく自由塾町屋教室準ほめメンバー笑の京華女子中学高等学校武藤先生にも連絡。

わずか数分で取り急ぎ【女子校フェスタ】の座組を組み上げました笑。

ただ、自由塾町屋教室の女子受験生の規模から考えて、せっかく4校の先生に来ていただくので、最小催行人数は欲しい。

そこで、オープンコール前に、と根回し的に自由塾町屋教室の公式LINEで希望者を募ると、会場である自由塾町屋教室の大教室は満席に。

当日は、自由塾町屋教室開校時小3で、そのご10年自由塾町屋教室に通い、その間十文字中学〜高校を首席で卒業した現役講師/医学生の講師にも登壇してもらう予定です。

まだまだ何も詳しい段取りはしていない#走りながら考えるのですが、実施することだけは決定したので、外部生でも参加したいかた(オンラインチケット)いたら、どうぞLINEを登録してお問い合わせくださいね!

てなことをしゃべっております笑


成功したら、今度は男子校フェスタ、都立高フェスタとやっていきたいですね!

今年も、バリバリ動くブラボー先生なのでした!

自由塾町屋教室
ブラボー先生®


『スタート模試』自由塾入谷教室、日暮里教室で受験できます!~私立中?都立中?で迷ったら。
2024. 4. 10/入谷教室の新着情報 / 日暮里教室の新着情報 /
自由塾代表の中島です。
(中島の履歴書はこちら→クリック
台東区入谷教室、荒川区日暮里教室で直接教鞭も取っています。
自由塾は都立中学受検、私立中学受験、高校受験内申対策に強い学習塾です。

小学生の保護者の方から多くいただく質問のひとつが「うちの子は私立中受験、都立中受検どちらが向いているでしょうか?」というもの。
簡単にお答えするのはなかなか難しいのですが、ひとつの指標としておススメしているのが、『スタート模試』です。


スタート模試とは・・・
中学受験模擬テスト大手の首都圏模試が年2回実施している模試です。
➀基礎力テスト➁思考力テストの2種類のテストからなります。
➀基礎力テスト…国語と算数の教科テストです。現学年までの学習範囲から出題されます。ただ基礎力といっても応用問題も多少出題され、決して簡単な問題ばかりというわけではありません。私立中受験をある程度念頭に置いている生徒向けの問題となっています。
➁思考力テスト…こちらはもう完全に、公立中高一貫校、都立中の適性検査を意識した問題となっています。思考力、表現力を測る問題です。

このように、私立中型、都立中型両方のテストを同時に受けられる機会はあまりありません。
ですから、「中学受験をした方がいいのか?」「私立中、都立中どちらが向いているのか?」と迷っている方には、かなりおススメです。
特に事前の準備等は必要ありません。まずはお子さまの現在地を測るテストとお考えください。

上記の中学受験スタート模試、今回も自由塾入谷教室、日暮里教室で受験できます。
日時:6月15日(土)
入谷教室 :午前10時45分集合〜12時30分終了予定    
日暮里教室:午後2時集合〜3時45分終了予定
対象:小3〜小5
お申込み期間:4/11㈭〜6/8㈯

※お申込みは首都圏模試のHPから
詳しくは ⇒ クリック

※詳細につきましては、受験を希望される教室までお問い合わせください。
テスト後、またはテスト結果が出た後、希望される方には中学受験に関するご相談を個別に承ります。

中学受験は保護者の方にとって、子育ての中でも難事業のひとつです。
自由塾は、たんに受験一辺倒ではなく、保護者の皆様とともに、生徒ひとりひとりにとっての最善の道を検討させていただきます。


入谷教室

入谷教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする

日暮里教室

日暮里教室のページを見る >
create フォームからお問い合わせする
date_range 面談予約をする
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!
自由塾オンライン指導
個別相談 入谷教室
個別相談 日暮里教室
個別相談 町屋教室
塾生の声
保護者様の声
  • 幼児教育・ラビットコース
  • 小学生の授業風景
  • 都立中高一貫校対策の授業風景
  • 中学生・高校生の授業風景
  • 定期試験対策週間の様子
  • 町屋教室・『ことばの学校』

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.