ブログ
文系塾が誇る名物クラスの紹介(募集停止クラスあり)
2022. 5. 30/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
     教務主任の吉澤です。本日は低学年ラビットクラスの紹介です。

    その前に、学力が伸びる子の共通点を皆さんは御存知ですか?もちろん、それは「いち早く先取り学習をした子」ではありません。

    「いち早く自己肯定感を身に付けた子」です。

    どこに行っても自分は受け入れてもらえる……特に幼少期はそんな体験が自信と安心に繋がっていきます。そしてどんな社会であっても、自己肯定感が高い子は失敗を恐れずに踏み出していける強さがあります。しかしこれは、大人も同様です。初めての職場でダメ出しばかりされたら、前途多難な不安に駆られるでしょう。でももしそこで認められ大切にされたら、もっと貢献したくなりますね。子供も同じです。認めてもらいたくて、ほめられたくて頑張れるんです。

    自己肯定感を少しでも多く養えるよう学習を通じて様々な工夫をこらしています。

    ここで各学年のテーマをザックリお話しますね。

    ❨幼児/1年生❩
    遊びの延長に学習があるようなところからのスタート。 学習の楽しさを味わいます。苦手意識を作らず、いろんな問題にチャレンジしていきます。正誤、暗記よりも集中して取り組めるような思考習慣の育成に重きをおいています。初めての学習において間違いを意識させ過ぎてしまうと、失敗を恐れるあまり、好奇心が半減してしまいます。その辺りは細かく配慮した指導を行っております。

    ❨2年生❩
    問題に取り組みながら、1年生での体験をもとに様々な差異を発見していきます。その一つに「自分と他者の考え方や仮説」の違いを見つけ、自己を理解することへとつなげていきます。2年生でも「苦手」とか「出来ない」と言った意識を生まないよう視点や分野を変えた授業となっています。

    ❨3年生❩
    3年生になると問題文が長くなり、知識の応用も入ります。この学年で養うのはズバリ「粘り強さ」です。自分の得手不得手をなんとなく察知する学年。だからこそ、分からない問題、解けない問題に直面するという体験をすることで諦めずに考え続ける姿勢と強さを身に着けます。2年生で養った自己理解を活かし、人前で自分の考えを発表出来る「プレゼン」の第一歩にも取り組み、達成感を経験してもらいます。

    ❨4年生/思考表現クラス❩
    4年生は学校では1/2成人式が行われますね。いわば低学年からの集大成です。高学年に向け、「自他理解」から更に一歩踏み出し視野を広げた思考となります。時事問題を取り入れ、身近な問題として自分に落とし込み、解決に向けた表現力を養います。いわゆるアウトプットです。表現方法は作文であったり、問題形式であったりプレゼンだったりと様々です。そこで思考の楽しさを味わい、さらなる知的好奇心へと繋げます。


    さて、ラビット卒業生を振り返ると良い意味で全員「マイペース」であり、火事場の馬鹿力を発揮してくれています。成長過程でよくある紆余曲折あるものの、社会適応能力があるなと思います。それは授業がいつも変化球だからかもしれません。

    ラビットのテーマは、現代社会から求められる「多様性と学習のコラボ」です。時代は流行病により更に変化が加速していますね。
ラビットも、アップル社に負けないよう(笑)アップデートして参ります。


    今年度は募集停止の学年があります。また別のコースでは募集可能なクラスもありますので、公式ラインからお問い合わせ下さい。


5/30現在募集停止中のクラス
〇小4思考表現クラス
〇小5都立中高一貫校対策クラス
〇小6私立中対策クラス
〇小6都立中高一貫校対策クラス
〇中3全クラス

自由塾町屋教室
教務主任吉澤

【新人講師研修】で伝えたこと ~「生徒を満足させて帰す!」
2022. 5. 26/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
自由塾代表の中島です。

先日、入谷教室、日暮里教室合同での新人講師研修を行いました。
自由塾では、年に数回、こうした研修や職員会議を行い、講師の育成、教育を行っています。
今回はここ1年以内に自由塾に勤務するようになった講師対象の研修でした。
研修内容を一部公開させていただきます。

まず、先輩講師の大津先生、田中先生から塾講師としてどんなことを大切にしているかをレクチャー。
若手ですが、日頃よくがんばっている二人の話、私もなるほどと感心しながら耳を傾ける内容でした。
かいつまんでお伝えすると・・・

大津先生
●性格(よく話す子、話すのが苦手な子など)やバックグラウンドが様々な生徒が通っているので、まずありのままの生徒を受け入れるところから始める
●そのために授業前後の何気ない会話やコミュニケーションを大切にする
●小さなことでもほめることが大事!
●わからない時は、一緒に段階を確認しながらいろいろな方法を試してみる(図示する等)
●生徒と先生の距離が近い自由塾の特長を生かした指導を!

田中先生
●生徒の「何でも言える相手」になること
●否定的な言葉を使わない
 ex「もう○年生なんだから」「こんな問題もできないの?」…
●単に優しく接すればいいというものではない。メリハリをつける
●子供だからこのぐらいは…と軽く見ないで、個人として尊重する
●授業中「大丈夫?」という聞き方は控える
 「大丈夫?」と聞かれると「大丈夫」と答えざるを得ない

大津先生は小学校の時から高校を卒業するまでずっと通塾してくれた元自由塾生。
田中先生は妹が元塾生で、自ら自由塾で働きたいと申し出てくれた講師です。
2人は講師としてのキャリアはまだ1年余りですが、さすがに自由塾のことをよく理解してくれていると、聴きながらうれしくなってしまいました。

続いて河野室長から「自由塾の講師の仕事」の心構えが話されました。
●塾は「教育サービス業」であり、基礎学力(教養)と社会性の2つを育成する場所であること
●自由塾の講師として、顧客(生徒と保護者)起点で、とことん面倒を見ることの大切さ
 ※決してすべて迎合するわけではなく
●生徒には個性があり、理解力もそれぞれ
 大量生産ではないので、自由塾にはマニュアルはない
 マニュアルではなく生徒を見て、生徒目線で寄り添い、伴走することが大切!
等々、いつもながら説得力のある話、新人講師達はメモを取りながら聴き入っていました。

最後に私から
自由塾の講師として一番心がけて欲しいことを話しました。
「担当している生徒は、一人残さず満足させて帰してほしい。満足させて帰すとは、笑顔で帰すということ。
『今日、塾に来て良かったあ!』と思わせて帰してあげてよ。」
親に言われて、気乗りがしない中、通っている生徒もいるでしょう。部活で疲れ切っていながら通塾している生徒もいるでしょう。
それでも塾に来てよかった!と思ってもらえること・・・
会議の度に、私が講師達に必ず話していることです。そして、私自身が常に肝に銘じていることです。
それが開塾以来43年間、ぶれずに続けてきた自由塾のスタイルです。

自由塾はこういう塾ということをなんとなくでもご理解いただけたら、うれしいです。
気がつけば、5月ももう終わり。そろそろ夏期講習の準備にかからなければならない時期になりました。
また、忙しくなりそうです。がんばります!

 自由塾代表 中島正浩


教室ページはこちら

入谷教室のページを見る >
日暮里教室のページを見る >
ヨシザワ教務主任による学校探訪~私立中村中学高等学校編~
2022. 5. 23/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /

と、いうシリーズを立ち上げました笑。

東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!今回からしばらくの間、ヨシザワ教務主任が贈る学校説明会の所感などシェアしていきます!第一弾は市立中村中学校高等学校です!

それでは、どうぞ!




皆さんこんにちは。さて、久しぶりの学校紹介の回です。

突然ですが、皆さんは偏差値が高い名門校、いくつ挙げられますか……?

名だたる学校名をいくつも挙げられると思います。では、面倒見の良い学校は何校思い浮かびますか……?

こちらはなかなか難しかったと思います。というのも、私達親世代の子供の頃は、偏差値で学校を選ぶのが主流の時代でした。しかし時は流れ令和。現在、社会が求めているのは「多様性」です。偏差値だけでの選択では本当に自分に合った学校かどうか計りきれなくなってきています。そんな時代のニーズにいち早く対応し、日々邁進しつつ改革を施している素晴らしい学校が幾つもあります。もちろん、それらの学校は一人一人を見つめることを得意とし、とことん成長させてくれる面倒見の良い学校です。

本日はそんな学校の1つ、「中村中学校・高等学校」の御紹介です。

こちらは東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「清澄白河駅徒歩3分」という非常にアクセスの良い立地にある女子校です。

駅から近いということや、繁華街を通らないということ、これらは女の子の御父兄にとって安心材料の1つですね。

従来の数値化出来る一般的な学習に加え、こちらでは数値化しにくい「非認知型智力」に力を入れています。例えば、グローバル思考や自他肯定感の育成、人間力の構築……等。(有りすぎて書ききれません)なかでも生徒達のプレゼン力は半端ないです。急に振られても立て板に水、堂々と答える姿は素晴らしいです。もちろん今年4月に入学した中学1年生は、たどたどしさがありますが、数年後にはこんな立派に成長するのかと思うと「うちの子はおとなしいからプレゼンなんて無理
……」なんてことは無いなと感じさせてくれます。

女子校ならではの魅力の1つは、女子のペースで勉強が進められるというところだそうです。例えば、数学が得意な男子がいると男子が答えてしまい、男子のペースで授業が進みがちです。しかし女子がつまずきやすいところはわりと似かよっているので、そのようなところはじっくりと女子のペースで学習できるようです。

また大学の推薦型選抜希望の生徒達には1人に1人の専任教員がつき、個別に指導してくださいます。

至れり尽くせりの学校でありながらなんだか温かい雰囲気が伝わってきます。

さて入試形態も柔軟な中村中学。通常の2科、4科以外に「適性検査型入試」「エクスプレス入試」「ポテンシャル入試」があります。

エクスプレス入試、こちらは得意な一科目(国算理社英から一科目)入試です。「観る」「聴く」「伝える」力が問われます。またポテンシャル入試は小学校時代の活躍のプレゼンを行う入試です。このような入試形態はやはり多様性を感じさせますね。

もちろん高校からの募集もあります!

ちょっとでも気になった方は是非とも御相談下さいね。 





上の原稿をチェックで中村中学高等学校に送ったところ、江藤教頭先生よりお返事ありました!



本校の良さは「行ってみないとわからない」と、よく保護者の方に言われます。
確かに、ホームページやパンフレットからは伝わりきらない本校の雰囲気や空気感があると思っています。
それを感じにぜひ説明会やイベントに来て欲しいですね。


以上、よろしくお願いします。
吉澤先生にもどうぞよろしくお伝えください。




自由塾町屋教室




『サレジアン国際学園中学校・高等学校』説明会レポート ~2022年度入試結果、2023年度入試概要、教育方針など
2022. 5. 23/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
自由塾代表の中島です。

『サレジアン国際学園中学校・高等学校』の説明会に行ってまいりました。
今年度より校名変更、共学化で注目の学校です。
今年度の入試結果を中心に報告させていただきます。

【2022年度中学入試結果】
●受験者数
2021年度31名→2022年度233名
●中学外部入学者数
2021年度8名→2022年度88名
※いずれも大幅に伸びました。注目校の名に違わない躍進ぶりですね。

●中学併願校
三田国際学園中学、都立富士中学、順天中学、広尾小石川中学、獨協埼玉中学
広尾学園中学、東京学芸大附属国際中学 など
※やはり国際系の中学との併願者が多いです。また、公立中高一貫校との併願者も多いですね。

●中学1年生 クラス別生徒数(星美小学校からの入学者含)
インターナショナルクラス アドバンスト 35名
インターナショナルクラス スタンダード 27名
本科クラス 58名
※ここで、インターナショナルクラスのアドバンストとスタンダードの違いを少しだけご説明します。
・アドバンスト…入学時の英語力は英検2級程度が必要。英、数、理、社はオールイングリッシュの授業となります。
・スタンダード…入学時の英語力は問われません。英語のみオールイングリッシュの授業となります。

【2022年度高校入試結果】
●受験者数
2021年度15名→2022年度44名
●中学外部入学者数
2021年度12名→2022年度28名
※中学部ほどではありませんが、こちらも倍以上に増えています。

●高校1年生 クラス別生徒数(星美中学校からの入学者含)
グローバルスタディズコース 21 名
本科コース 58名

【2023年度中学入試概要】
●募集人数合計150名(内部進学30名程度含)
●男女別定員は設けない
●大きな変更点としては、2/2午後入試が加わる点
●2/1午前、2/2午前の2科選択入試は国算理社4教科の問題を同時に配布し、その中から2科を選んで受験できるという方式
※詳細につきましては、直接学校までお問い合わせください。

【2023年度高校入試概要】
●2022年度と大きな変更点はなし
●第1志望の生徒は入試得点に30点加算
●推薦内申基準(単願の場合、いずれも5教科評定合計)
A推薦 17
A推薦・スカラC 18
A推薦・スカラB 19
A推薦・スカラA 20
※スカラは特待生制度です。
※B推薦・併願優遇上記基準に+1
※最大2ポイントまでの加点ポイントあり。(スカラ判定では使用不可)
※詳細につきましては、直接学校までお問い合わせください。

【教育方針】
「21世紀に活躍できる世界市民の育成」を教育目標に掲げています。
そのためにすべての教科で「PBL型の授業」(Project Based Learning)を実践。
PBL型とは、「正解が一つではない問い」について調べ、考察し、それによって「知的好奇心」に火をつけ、「能動的な知識」獲得に結び付けるというもの。
言葉だけ聞くとちょっと難しそうですが、私なりの解釈では、これまでの講義形式の受け身の授業から、問題を自分自身のこととしてとらえ、調べ、考える探求型の授業へ
ということでしょうか。
グループでのディスカッションやプレゼンテーションの時間も多いそうです。
こうした授業が実践され、機能すれば素晴らしいなと思いつつ、授業見学へ・・・

授業・施設見学を通じての感想】
説明会後、校内を見学させていただきました。
リニューアルスタートということで、校舎は新しくとてもきれいです。
設備も充実しています。

見学させていただいた授業は、いずれも先生方の新しい学校を創っていくという熱意を感じました。
なかでも特にインパクトがあったのは、入学して間もない中1のインターナショナルクラスの授業。
英語と社会の授業を見学させていただきました。
英語はもちろん社会の授業もオールイングリッシュ。
外国人の先生の英語での問いかけに複数の生徒がすぐさま英語で反応。
まるで日常会話のようなやりとりに正直驚きました。
この子たちは、5年後どのように育っているのでしょう?
おそらく多くの生徒が、外語大学や海外の大学を目指しているのでしょう。

個人的に期待値の高い学校の一つです。

 自由塾代表 中島正浩


サレジアン国際学園中学校・高等学校のHP クリック

   

教室ページはこちら

入谷教室のページを見る >
日暮里教室のページを見る >
内部生にとことん優しい学習塾
2022. 5. 16/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんばんは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!本日もよろしくお願いします!

まずは自己紹介。


さて。大型連休が明けて、区立中学ではもう中間テストが終わりました。あっという間に一年も半分まで来ましたね。自由塾町屋教室では5月から保護者面談月間をおこなっております。

なんせ塾生数200以上いますから、1週間2週間ではカバーできません。面談を行うのはワタシのお仕事で、面談以外にもYouTubeの撮影や、組合のお仕事など、まあまあスケジュールを押さえられています。週に何コマか担任を持つ現役講師でもあります。

しかし、最後の一家族になるまで、求められたらお話しましょう!と言っております。

まあ、面談は求められたら四六時中やっているのですが、面談月間はこちらから号令掛けないと遠慮してお申し出の無いご家庭用にデザインしています。

自分のスケジュールを1・2週間先まで先回りして押さえて、空いている日程を特設サイトにUP。週に一度、一週間分の予約を募ります。予約は全て、自由塾の連絡ツールである公式LINEを使用。参加障壁をできるだけ下げて、お気軽にお問い合わせができるようにしています。



と、いうか、LINEは面倒、ウチは電話で。という保護者は当教室には通えないように、最初のお問い合わせからLINEに統一させてもらっています。生意気ですね。

電話お問い合わせが必要な方は、他の学習塾へどうぞ。という風にしています。ココは当教室の仲間になるハードルのひとつになっています。

なぜか。

電話だと、共有するのがおっくうになるからです笑。
 
対して公式LINEでは、ワタシ以外にも社員講師が遡ってチェックすることができるので、伝達ミスのリスクを下げる事ができるのです。よく考えての導入です。

あと、保護者の電話って授業中とか配慮なしに掛ってくるんです。これが、うっさい(笑)。生徒の邪魔はできるだけしないという配慮もあります。結果、塾に掛ってくる電話は全てワタシの個人電話に転送するようにしているので、自由塾町屋教室では電話の呼び出し音はなりません。

こうした連絡は、毎週日曜日の塾生・体験生専用のメルマガでシェアしています。だいたい原稿用紙4枚分、毎週配信しています。こちらでは主に塾の活動報告や連絡事項をシェア。とにかくクラス内の見える化にコミットしているわけですね。

学習塾って何やってるか分からないって言われがちですよね?そんな意見を逆手にとって、信頼関係を築くためにここまでやってるのですね。

だれか、ほめてください笑。

ところで、生徒数が増えたことで、あるトラブルが多発するようになりました。それは、お休み・振替のご連絡です。

最近、オンラインの便利さをいいことに(ギクリ)授業開始数分前にオンラインの連絡したり、お休みの連絡を(登校してなくて)こちらがしてはじめて伝えるケース(アワワ)など、塾生の出席に関して、様々なケースが出てきました。

もちろん、ほとんどの生徒は真面目に時間前から登校できています。本当に素晴らしい。ブラボーです。

しかし、何度注意されても宿題やってこない、ゴマかす、毎回遅刻、夢の島のようなバッグ・・・な生徒もいます。

よく考えるとメンバーは一緒のような、、、?

お休みしても振替しますよ、と伝えていますが、「じゃあ(塾の日だけど予定入れたから振替)お願いします」、では困ります。

困るのです。

たまにだからいいでしょ?が何人もいたら、やっぱり運営に支障をきたします #みんな考える事は一緒なの

と、いう事で今度はお休み・オンライン・対策週間追加授業の申し込みサイトを作りました笑。



このサイトには、お休みされた生徒の情報が、【振替消化】が完了するまで、自由塾出席簿サイトに保存されます。

申し込みサイトからの入力情報が、直接我々の出席簿に紐付けされるので、言った言わないのトラブルや、(主にブラボー先生による)書き間違えが無くなります。

入力するのはお休みするご家庭に一元化する事で、よしもちゃん由来のミスを減らすという作戦です。

便利の為に(24時間連絡可能)導入した公式LINEですが、今後は

◯お休みの連絡が夜中に来た
◯次の日出社したらメモって置こう

をヨシモトがしばしば忘れて、社員連携出来ておらず、

「(教務主任)あれあの子来てないぞ?連絡しよう」
「(保護者)え?休みって連絡しましたけど?」
「(やりとりを見ていたブラボー氏が思い出して)失礼しました!」

の、良くある不具合を解消出来るはずです。

いつでもどこでもワタシ達と連絡が取れるのですが、どっこいワタシはいつでもどこでもPCを片手に活動している訳じゃあアリマセン。しかし、朝にウォーキングをしていてお休み振替の連絡いただいたらその場で「承知しました!」ってやって、その後サウナでさっぱりしたら、やっぱりさっぱりしちゃうんですよね( ノД`)シクシク…。

しかし、上記の様にお申し込み制にして、その情報をそのまま私たちの社内サイトにリンクすれば、間違い・言い忘れのリスクがゼロになります。

で、それを今度は一つにまとめられないかしら?と今度は自由塾町屋教室の生徒サイトに一元管理することにしました。

これです。



内部生用なのでURLはシェアしませんが、スクショしました笑。



元々オンライン授業用に構築していた専用サイトに、上記全てを格納しました。これでもっともっと便利になるはずです!

こうして、どんどん内部生とご家族を甘やかして笑、子ども達にはいきいきと学んで欲しいなあと思うブラボー先生なのでした。



自由塾町屋教室
ブラボー先生®



お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!
自由塾オンライン指導
ロボットプログラミング体験
個別相談 入谷教室
個別相談 日暮里教室
個別相談 町屋教室
塾生の声
保護者様の声

各校授業案内

入谷教室案内
  • 小学生
  • 都立中高一貫校
  • 中学生
  • 高校生
日暮里教室案内
  • 小学生
  • 都立中高一貫校
  • 中学生
  • 高校生
町屋教室ブラボー先生®倍ほめコラムYouTubeチャンネル倍ほめトーク!
  • 幼児・小学
  • 都立中高一貫校
  • 中学生
  • 高校生
自由塾 新着情報
  • 幼児教育・ラビットコース
  • 小学生の授業風景
  • 都立中高一貫校対策の授業風景
  • 中学生・高校生の授業風景
  • 定期試験対策週間の様子
  • 町屋教室・『ことばの学校』

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.