ブログ
コロナ感染者についての大切なご報告
2022. 1. 19/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /

1月19日、当教室に通う塾生が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。当該生徒が最後に通塾していたのは1月14日です。

保護者から連絡を受けて、すぐに当該生徒の登校停止と保護者・家族の自宅待機を指示して、荒川保健所へ通報しました。この間、1分もかかっていません。

まずは情報を共有する事、そして自由塾町屋教室が今後、どのような対応をすべきか、その指示を仰ぎたかったからです。

不幸中の幸いといいますか、ヒアリングの結果、濃厚接触者に該当する職員・生徒はなしとのこと。また、感染対策を徹底している事から教室内を除菌消毒する必要もなしとの判断でした。

ワタシ達が今できることは、公表することで、いつも通り教室内の様子を【見える化】することです。

手持ちのカードは
・誠実に対応する事
・勇気をもって決断
・迅速な対応する事
です。

本日の動きは時系列でまとめておきました。

・12時43分 塾生より陽性の連絡
・12時43分 保健所へ通報〜ヒアリング(念のため録音)
・ヒアリングの結果、教室内の濃厚接触者は0
・教室の消毒・殺菌の必要性は今回認められない
・3秒でオンラインハイブリッド授業方針決定
・13時02分 関係者・塾長に報告
・13時55分 公式LINEにおいて全塾生・体験生に情報共有
・14時36分Facebook・Twitterにて公表
・授業後ブログ執筆・HPに公表予定←イマココ

です。

ワタシ達はうわべだけのSNS連絡網や、オンライン学習をおこなっておりません。キッチリとオンラインであろうとも対面同様、相互通信を用いた学習のお手伝いで、血の通った授業をしています。

特に明日1月20日は千葉県で中学入試が行われます。

ワタシ達がやすやすと【学び舎の灯】を止めるわけにはならないのです。

受験生のご家庭では本日、様々な対応がありました。明日の受験に向けて大事を取ってオンラインに移行するもの。対象生徒との接触時間を考慮に入れて登校してきたもの。

当該生徒の氏名など絶対に明かすことはありません。そんな詮索もさせませんし、そんなことを聞いてくる保護者は、ただのひとりもいませんでした。

ワタシ達は、とことん保護者・塾生に恵まれていると思います。

また、何か変わったことがありましたら適宜ご報告いたします。

自由塾町屋教室
教室長吉元和彦
「都立高校推薦入試、ココに注意!」@下町塾長会議
2022. 1. 17/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /

おはようございます!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®です!本日も頑張っていきましょう!

もうすぐ都立高校の推薦入試があります。「中学校の校長がこの子はいいよって言って推薦してくださるのだからほとんど受かるんでしょう?」

いいえ。逆です。

とっても狭き門なのです。

推薦試験は、報告書(内申)・論文/作文・面接に加え、例年集団討論がありましたが、このところの流行り病の影響で二年連続中止、内申・論文・面接で審査されることになりました。

自由塾町屋教室は例年沢山の推薦チャレンジャーを出し、結果をだしてきました。

保護者から、

『ヨシモちゃん、うちの子(こころの線が)細いから、一般のみにしとけって中学校の先生にいわれたんんです』とか質問を受けると、

『お母さん、もしかしたら中学校の先生はそう言う事で(自分が書かなければならない書類を)減らしたいのかもしれませんよ』って皮肉をいいます笑。

受からないかもしれないから受けない。

は、

因数分解すると、

受けてないから受からない。

とも取れますね。

チャンスを放棄する指導。

ワタシはそういう指導が苦手で、

『よっしゃぶつかってこい!志望校を肌で感じてこい!潜入調査してこい!』

って言って送り出します。

本番は一般試験?じゃあその下見でもいいじゃあないですか。

もちろん、その上で、がっちりしっかり推薦の対策をします。そうして毎年、勇者を送り出しています。

ダメならダメ。そんなんでいちいち一喜一憂しないで次に進めばよいのです!

ってことをこちらで言っています。是非。





自由塾町屋教室


『絶対に受かる』打ち手はないが・・・小学生・中学生とブラボー先生が考える入試論
2022. 1. 10/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /

こんにちは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!

書いている今は冬期講習前期が終わった翌日の12月29日。ひとり塾にこもってカタカタやっています。
#誰かほめてくれ
#ほめる人をほめてくれる人が少ない問題

今日は、おそらく受験直前でうだうだと【最悪の事態】を考えている皆様に、ちょっとでもポジティブに、気持ちがスッと軽くなるようはお話ができたらいいなあと思っています。

大体、こういう時は何も考えてないので、まあいつも、ワタシが受験生と彼らの保護者を思うときに、ぼんやりと考えていることをつらつら書くのかなあと思います。タイトルは、推敲して、読み直してから決めるとします。
#リアルタイムで何書くか決めるスタイル
#とてもジャジー
#指に聞け

さて。希望する中学が区立でない限り、節目節目で我々の前に立ちはだかる関門。それが、入学試験。いわゆる、入試です。

学校の定員を超えると、その門をくぐることができるものと、そうではないものが出てきます。

審査の基準は、

『ウチの学校には、ここくらいまでの学力があった子と勉強するよ』

です。

つまり、

『勉強してこなかったけど、この学校の響き(評判)がいいから入れておくれ!』をガッチリと排除するフィルターがあって、この基準にそぐわなければ、ごめんなさいされちゃうわけですね。

ウチに入りたきゃ、脳みそから汗かいて勉強してきなさい、って事なんです。とてもシンプルですね。

とってもシンプルなんだけども、落ちた人にとっては、そんな理屈なんて入ってきません。【何かのせい】にしないと、心の折り合いが取れないんですよね。

『そうならないように今頑張るんだぜ』って今こうして言っているんですけれども、未来予想図に対するの解析度が低い彼らには、先の後悔が読み切れないんですよね。

ふむ。これは困った。

ブラボー先生が、2学期最後の授業で受検生のクラスでやった事をシェアします。今からでも間に合います。こう考えてみてください。

これやっときゃ絶対に受かるっていう打ち手は、残念ながらありません。勝負する相手がいるので、相手の力量が読めないんですね。入試は原則、ここまで取ったらOKっていう合格点じゃなくって、合格人数(定員制)だから。年によって、受検生によって多少ブレるんですよね。ここまではわかりますね?

では、こう考えたらどうだろう。生徒を見まわして、白紙を渡したブラボー先生が言った一言。

それは・・・

「じゃあ、こんな生徒は絶対に受からないってのを皆で考えてみようぜ。」

ザワつくクラス。

「え、、ボケていいの汗?」

「なんだっていいよ。こんなことやってるやつは絶対に受からないってのを考えてみようよ。」

一通り書いてもらった後に、生徒ひとりひとり、これだ!って自慢の(?)【落ちる秘訣】を書いてもらいました。

例えばそれは、
『この期に及んで教科書の下に漫画を隠してる』
『勉強時間より遊び時間が多い』
『ママとすぐけんかする』

などなど・・・

盛り上がる教室内。そこで、最後に一言。

「おお、わかってるじゃないか!

じゃあ、それ、これから受検当日まで禁止ね。」

しずまりかえる、教室内。

ふむ。信じているのはワタシだけでしょうか?彼らがしっかりと勝ち切ってくれるのを信じているのは。




もうすぐ、静かで熱い戦いが始まります。


自由塾町屋教室
ブラボー先生®




【謹賀新年】正月に、何を思う
2022. 1. 1/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /

明けましておめでとうございます。2022年もブラボー先生と、自由塾町屋教室をどうぞ宜しくお願いします。

さて。新年ですね。受験生を抱えるご家庭も、今日は少しだけゆっくりしているのかしら?

こん詰めて勉強するのも大切ですが、ほどほどに。今日くらいは午後はゆっくりさせてもいいかもしれませんね。

、、、

ま、これはやって来たご家庭・真面目に今まで子ども用のアドバイスです。

まだこの期に及んで、『遊ぶ時間>勉強時間笑』とか悪びれる事なく言っちゃってる子どもを抱えるご家庭は、完全に舐められてますから、元旦から1秒も寝ないで勉強させてください。
#ご安心ください
#死にゃしません

一年の始まりですが、塾屋は休憩を少し頂いてる程度の認識で、一年の総決算は少し先です。

お分かりですね?中学・高校・大学入試です。

中学入試が終わった次の週くらいから、自由塾町屋教室では小六の全生徒に英語・数学を仕込み始めます。

同時に小学生他の学年は、新しいクラスの無料体験を行います。
#内部生にとことん甘い

すぐに、春期講習・新年度。ここら辺まで一息で駆け上がります。

さて。突然ですが、ワタシ達は教務力を全面に押し出すようなブランディングを図っていません。

それやっちゃうと、毎年担任が変わる学生講師のクオリティで生徒数が変動しちゃうからです。
#逆にいつもいる社員講師はスターシステム
#とっても強い二人のゴリゴリ講師がいます

むしろ、ワタシが打った打ち手は、
・ブラボー先生®︎がストーリーテラーに
・プレーヤーよりもハコ(教室)に特色
を持たせた事。

シナジー効果で知らず勉強する気になって自習室に行くようになる、とかー

自学自習の大切さに気付き、内申が少しずつ伸びてくる実感をー

のように、「この塾ならボクはワタシは変われるかも」を、ブランディングしました。

そうすると、場所に集まるので教務力に頼る事がなくなります。

教務力を求めるご家庭・お子さんのマインドは他力本願のそれで、ウチのように勇者を育てる教育方針とは少しだけズレています。

ウチでは教えすぎずに見守る事で、生徒に考えさせるストロングスタイル。講師依存の『勉強ごっこ』に真っ向から対立するスタイルなのです。

理想はブラボー先生は保護者教育(!)オンリーにして、楽しい教場で集客できるようにしたいのですが、それはまだまだ先の話なのかなあ、とぼんやり考えています。それまでは、こうして発信活動もがんばります。

さて。

お正月ですからね。
本日午後5時から1月3日午後4時59分までの三日間、子育てのkindle書籍二冊をお年玉プレゼントします!

①失敗する子育て
②べたぼめ進学論

是非この機会にダウンロードしてくださいね!



それでは、2022年も、
いきいきと学ぼう!

自由塾町屋教室
ブラボー先生®
ブラボー先生が教える、正しい受験生の冬休みの過ごし方
2021. 12. 26/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんにちは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!本日も行ってまいりましょう!

この時期は毎日毎日冬期講習です。毎年ながら、とても詰め込んで受験生をしあげているので必然、体力勝負になります。朝は午前10時から午後7時まで、誰かが何かをしています。

もちろん、ワタクシブラボー先生もこの時期ばかりは全日出勤で生徒の指導・叱咤激励・自転車整備をするわけですね。

体力的にいっぱいいっぱいになるので、必然、フォロワー(保護者の方)から、『ヨシモちゃん、今日のブログ白紙だわよ』って連絡が入り、確認して膝から崩れるわけです。
#原稿どこ行った

さて。大手進学塾とちがい、自由塾町屋教室ではきちんとお休みをいただきます。年末や年始に授業をしているわけではないのですね。それでもきっちり勝ち切りますけど。

でも、でもとっても心配なのです。ですから、心配性のワタシは一人、カメラの前で話をするのです笑。



今年も突っ走りました。病気らしい病気もせずに一年を締めくくれそうです。皆様も、どうかよいお年をお迎えくださいね。

自由塾町屋教室は新年1月4日からまた、ガーガーぎゃーぎゃーと、魂の授業を展開して参ります!



それでは残り少ない2021も
いきいきと学ぼう!
自由塾町屋教室



瀧野川女子学園中学高等学校の創造性教育「事業化実習」中間発表会に参観に行ってきました
2021. 12. 20/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんばんは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!本日も行ってまいりましょう!

ブラボー先生®が所属している下町塾長会議のロケで、北区にある瀧野川女子学園中学校高等学校に行った時の事。山口副校長先生が熱っぽく語る『創造力教育』が気になってしまったワタシは、ロケ後、自由塾町屋教室の入試広報を担当されている鈴木先生に、ずうずうしくも『今度よかったら授業参観させてくださいよ』とお願いしていました。

下町のロケより早く学校に前乗りして、アイドリング代わりに『ブラボー先生の倍ほめトーク』の撮影をさせていただくのですが、今回その機会がなくって、改めてとお願いしていたんですね。そうしたら先生の方が本当に稟議を通してくださりました。

ワタシはワタシで、自塾生徒の志望校の選択肢が広がるならこんなに嬉しいことはありません。瀧野川女子は自宅から30分圏内です。朝からお邪魔してきました。



当日はなんと女子学生に交じり、街の学習塾のおっちゃんがひとり創造力教育の中間発表会を見て、その後、発表した生徒にインタビューさせていただけることとなりました。

瀧野川女子学園が大切にしている創造性教育。実際にクラスでチームを組んで起業。社員が兼出資者となり、一人一人から出資金を集めて、文化祭で販売するオリジナル商品の開発・制作・販売までを経験する、と言うもの。

学校の先生はアドバイザー的にいるとのことでしたが、一切口を挟まずに、全部彼女たちにやってもらったとのこと。売り上げから必要経費・出資金の差っ引いた純利益は生徒たちで分けるそうです。

この日は、文化祭で各会社の売り上げの『中間報告会』がありました。

これが、本当に素晴らしい。きちんと会社という単位で活動をするそうで、ワタシが取材した【萌笑(ほほえみ)】には、社長副社長はもちろん、広報・会計までいました。



販売実数と売上金を報告。なんですかここは。株主総会ですか笑?


文化祭で売り上げたグッズ総売り上げはこちら。萌笑の出資金は60000円で、総経費は7万円ほど。わあ、優良企業だ笑。

発表会が終わった後は、萌笑の社長(中高一貫コース五年生)と、副社長(高校部特進選抜クラス2年生)に残っていただき、インタビューさせてもらうことになりました。この模様はもちろん、後ほどYoutubeでアップしますからお楽しみしてくださいね。



彼女たちはこのままコロナが収束したら修学旅行はハワイ。ハワイチャリティバザーでも萌笑でプロデュースした商品を販売、利益は全額寄付するそうです。

本当に・・・すごすぎます。

中高一貫クラスの社長役の生徒が、『(勉強だけじゃない)様々な経験ができました』と言っていたのが忘れられないブラボー先生でした。



自由塾町屋教室は動画コンテンツとして
『ブラボー先生®の倍ほめトーク』
を運営しています。もしもブラボー先生に授業参観に来て欲しい!またはコラボでYoutube撮影したい!という学校がありましたら、こちらにご連絡くださいね!


自由塾町屋教室
ブラボー先生®


ブラボー先生®のマインドセット:短所をどう伸ばせばいい?
2021. 12. 13/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんにちは。東京下町都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと、教室長のヨシモトです!本日もいってみよー!!!

ワタシは、大分前向き人間で、まわりからも『先生は疲れなくいつも元気いっぱいですね』とかよく言われるんです笑。

でも本当の所はそう見せることがとても上手な人間で笑、そりゃあ45歳のオッサンですからね、しっかりと疲れは蓄積されていきます。ただ、疲れてても、『あらよ』ってできるような、一種のおまじないを自分にかけて、その部分(疲れているという事実)に気付かないようにしています。

そういう、自分や他者の視線誘導することには長けていると思っています。

前向きに、ポジティブに生きる。原則、このような在り方で、たいていの事は全部上手くいく、と思っています。

大体ワタシは、あまりネガティブに物事を考えません。ネガティブに考えてもあまり物事が良く進まないからです。そう言った意味じゃあ合理的なのかもしれませんね。あまりコスパが良くないことにはやらないかもしれません。

ウソです。やります(どっちやねん)。

感情が向いたときは、たとえ勝機があるかどうかわからなくても、やりきります。その場合、『もしかしたら上手くいかないかも』とか考えることもありますが、それでもやると自らを鼓舞するタイプですね、はい。おなじみ、それでもやるんだよというパワーワードで、自分を奮い立たせるのです。嫌な事を嫌な事だと認めてしまって、いっちょやったるか、と腕をまくるのです。腕をまくると、なぜだかやる気になったような、そんな気がするのです。
#座右の銘は今をいきる
#座左の銘はそれでもやるんだよ

だいたい、短所とか欠点とか考えるのもあまり好きな方ではないです。

短所なんて、長所から見たらたんなる伸びしろに過ぎず、
欠点なんて、満点に欠けているピースに過ぎないのです。

そうやって考えていけばいいのです。

それなのに、グズグズと何にもせず、前を向かずにグジグジとやって大切な今を無駄にしちゃって、試験が返ってきたら次こそ頑張るなーんて抽象的で、的を射てるんだかなんだかわからないコメントして、また同じ毎日をすごして。

やればできる

とか言っちゃって。

やらないからできていないことに目を瞑って。

その結果が今だとは認めずに、

『あの子は(勉強できて)いーなー』とか言っちゃう。

これについてはYoutubeを上げましたので、改めてブログに書きますけど。

ワタシだって、毎日失敗して転んで膝小僧にかさぶた作ったって走っているのです。
#比喩表現


・・・

。。。はっ



現に今も、書き上げたばかりのこのコラムを全くセーブせずに、びっくりしましたたった今、半分以上原稿がぶっ飛びました泣。

うわあああ。

それでも、やるっきゃないでしょう?だれでもない、自分のまいた種なんですから。

そこで、

もうやだ〜ってPCの電源切って布団にくるまって『もう知らない!』ってやるのか、『この経験ですらネタにして、子育てハックにしてやるぞ』って改めてパソコンカタカタやるか、では全然違うのです。やる気がでなくてもやらなきゃならず、やったから結果が出て、そして結果が次のやる気を育むのです。

だから、最初はもうやるしかないんですよね。

ココの気づきをどうやって子ども達に仕込めばよいか。今日もウンウン唸っているのであります。

おしまい。


後半論調変わっちゃいましたごめんなさい。
自由塾町屋教室教室
ブラボー先生®




自由塾町屋教室が作った【文化】
2021. 12. 7/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんにちは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!本日もいってみましょう!

この地に自由塾を開校して七回目の冬を迎えました。皆様と違い、毎年受験があるワタシ達。この時期になると色々と考えます。2月に後悔させたくない。頑張ってきた努力が報われてほしい。

自分が試験会場に行くわけではないので、日々、

「あの子はちゃんとやっているか」
「復習をおろそかにしていないか」

と、なにかと気にかけて生活しています。この時期から来年の春期講習が終わるまでは、土曜特訓〜冬期講習〜受験〜新年度〜春期講習とイベント尽くめです。健康管理に気を付けながら、まずは12月の冬期講習です。

さて。2022年新年度にいくつかの募集停止を発表した後に、沢山のお問い合わせ・面談希望の連絡をいただいております。内部生ファーストの自由塾なので、まずお話はお聞きしますが(おせっかい!)、実際に希望通りのクラスが空いているかどうかは、内部生の様子をみてから、と断りを入れています。

面談時に保護者の方が驚かれることがいくつかあります。ウチにしてみたら至極普通の事なのですが、あまりにも驚かれるので、そうか、これは当教室だけの独自文化なのだなあと思いました。今日はそれをシェアします。

✅自習する文化

当教室には、年がら年中自習生が生息しています笑。開校時に小学三年生だった子ども達が中学受験をする前後で自然発生した、この自習という文化。先輩がやるのを見て、後輩もやるようになり、今や完全に文化として根付きました。

これ、受験生だけでない文化で、非受験の子も沢山来ています。当教室は開校当初自習用の部屋をデザインしていたのですが、塾生増に伴い消滅。現在、パッと見どの子が受講生で、どの子が自習生かわからない感じになっています。

たいていの時間帯でも自習生があちらこちらに生息しているので笑、面談に来た保護者皆一様に驚かれます。

✅限りなく0に近い遅刻者

これもとても不思議なんですけど、当教室ってほぼ遅刻者がいないんです。早い子だと30分、40分も前から来ておしゃべりしたり、小テストの準備したりと頑張り始めます。受験クラスなどこんな調子。ちなみに受験前の小6クラスじゃあなくって、小5クラスの授業15分前の様子ですからねコレ!


毎週ある小テストの確認しているみたいです!



遅刻は大体始業後5分位でワタシか教務主任に連絡するように担任に伝えるのですが、受験クラスになると3分前位から、ヨシザワが『ヨシモト先生〇〇ちゃんまだ来てないんですけどお休みでしょうか』とか言ってきます笑。

いやまだ遅刻じゃないし。笑。


よく考えてみるとコレってとっても素敵な文化なのではなかろうかと思い、シェアしました。良い子たちばかりです。

まだ勇者になり切れていない子も若干名いますが、何とかします。腕がなります。




自由塾町屋教室
ブラボー先生®











なやむ日々
2021. 11. 29/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんばんは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと、教室長のヨシモトです。本日もよろしくお願いいたします。

二学期になってすぐ、こんなブログを上げました。

忙しくてリンクに飛べないよって人の方に一言でまとめると笑、【来年度募集が出来ないクラスが結構数出てきちゃったよ】というアナウンスです。

来年度の受験生がとても多く、これ以上一定の学年に集中すると教場運営が不健全になりそうなので決断しました。

常々親御さんや子ども達には、
「なにも受験に合格することが目的じゃあないよね、むしろこれからも学習は続くんだよね」
と事あるごとに叫んでいるので、受験をきっかけに退塾する生徒の方が少数派という、風変わりな学習塾です。

小学生の内に(受験/非受験ともに)学習の仕方を何とか身につけてもらって、中学生になったら学校と部活と塾と遊びとをなんとか回してもらっています。たかが勉強ごときに全てをもっていかれずに、遊ぶときは遊んで、しっかり部活もやってからでも学習習慣がつくように、と仕込んでいるわけですね。

ですから継続通塾は、自学自習をすすんでする、や、ほとんど遅刻がない等のさまざまな特色(七不思議?)と同じく、自由塾の文化となっているようです。とても誇らしい。ブラボーです。

とは言え、ご家庭の事情もあるでしょう。年度の切り替わりには多少の卒業生がでると予測されます。

しかし、それでも大々的には新規生徒を募集できないかもなあと思っています。

悩みどころです。

これまでの熱血ブログ笑を読んでいただければお分かりかと思いますが、ワタシは大分おせっかいです。元・劣等生の、いわゆる【持たざる者】のくせに、重度の助けたがり屋です。
#Davis&ElkinsCollege
#高学歴が全てじゃない

もちろん、学習塾を運営していて、ありがたい事についてきてくれる社員も何人か雇用している中小企業の社長の端くれ(自由塾町屋教室はワタシが経営する会社の単独運営)です。

彼らがストレスなくいきいきと働ける職場を演出して、めちゃくちゃにホワイトな企業体制を維持できているとの自負はあるのですが(月120時間拘束※社長は除く泣)、それでもお給料でつながっている関係。ここでも満足をしてもらいたい。

経営を前に進める打ち手としては、横展開(教場拡大)が効果的なんでしょうが、そしてありがたい事に、この街にもう一つ教場を、とそんな声もいただくのですが(塾長会議メンバーから刺激も受けてますしね)、教場展開にはあまり乗り気ではないんです。

シンプルに、みんなと挨拶が出来なくなりますしね。

そんな事なんです。そんな簡単な事なんですけど、手放したくないんですよね〜。新教場となったら社員にも負担掛かるでしょうしねえ。うーん。徒歩数分圏内に、良い物件があれば分校というかたちで両方見れるんでしょうけど、、うーん。

こうして何も決まらずに、また一日が過ぎて行きます。



自由塾町屋教室
ブラボー先生®




【特報!準グランプリ出る!】ニュース作文コンクール全国大会結果発表
2021. 11. 23/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
こんばんは!東京下町・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!今日も張り切っていきましょう!

自由塾町屋教室では、思考表現系の、文章に親しむクラスが多数あります。

✅ラビット(対象学年年長〜小3各クラス)
✅思考表現クラス(対象学年小4)
✅都立中高一貫校対策コース(小5・小6各クラス)
✅難関高校突破コース(中学生以上少人数ゼミ・学年不問ですが審査アリ)

例年、秋口に出品する朝日学生新聞社主催のニュース作文コンクールに挑戦。【地域で一番作文を書かせる塾を目指そう】とヨシザワ教務主任(文系・中学入試責任者)と話し合い、まさに学生生活で一番文章を書く経験をしてもらっています。

東京大会では以下の多数の自由塾町屋の子ども達が入選しました。



今回は、全国大会の結果が届きましたのでシェアします!



優秀賞! 宮城小6年 工藤和夏さん(ダブル受賞)
優秀賞! 尾久小4年 上森咲季さん(ダブル受賞)
佳作!  綾南小6年 矢間友香さん(二年連続ダブル受賞)
佳作!  赤土小6年 安立楓さん(二年連続受賞)
佳作!  亀田小6年 山村航太さん
佳作!  根岸小6年 大貫結衣さん(東京大会グランプリ・ダブル受賞)
佳作!  九峡小4年 山﨑楓さん
佳作!  千寿桜小3年 吉本匡くん


ご覧の通りダブル受賞した生徒も多いのですが、東京大会と全国大会は審査員が異なりますので、まっさらな評価です。それでダブル受賞するのはとってもすごい事ですね!

また今回全国大会で初受賞の生徒もおめでとうございます!普段から沢山文章をかかせている自由塾ならではの受賞者数!流行り病も大分収まってきましたので、朝日新聞本社で行われる授賞式の模様もお伝えできればいいなと思います!

受賞者の皆さんおめでとうございます!

自由塾町屋教室
ブラボー先生®


   

お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.